事例

電解水ピュアスター

R2型濾過機

事例 事例 事例 事例 事例
事例
1、フィルターをセットする。
写真左から フィルコパッド(活性炭フィルター) ⇒ AVダウン ⇒ フィルター押さえ の順でセット。

※写真中央のAVダウンは袋詰めのタイプです。バラでのご用意もございます。

2、ろ過作業
写真左から ろ過機をフライヤー下にセット ⇒ 油をろ過機に落とす ⇒ フライヤーを掃除
3、循環ろ過
約10分間循環ろ過

揚げカスの脱油

産業廃棄物処理対応
自然発火の防止
油のリュース(再利用)

揚げ前① 揚げ後② 吸収量 OCM実施後⑤ 脱油量 油トレイ回収量⑥ OCM付着量
100g 265g 165g 119g 146g 130g 16g

(参考)実験内容・方法
通常品パン粉100グラム使用(トリイ製品)
180度、5分間揚げ OCM 1000回転、5秒実施

パン粉別 脱油比較実験

実験日 2010/2/8
実験内容 パン粉3種(通常パン粉・生パン粉・ソフトパン粉)の油吸収率比較。OCM後の脱油率比較。
実験方法 ①揚げ前100g測定 ②180度で5分間揚げ測定 ③1000回転 5秒間 OCM実施後、測定
サンプル名 特徴 揚げ前(g) 揚げ後(g) 油吸収量(g)
トリイ パン粉 通常品・細かい 100g 265g +165g
CGC ソフトパン粉 油吸収30%カット・細かい 100g 247g +147g
CGC 生パン粉 生パン粉・荒い 100g 240g +140g
油吸収率(%) OCM実施後(g) 脱油量(g) 脱油率(%) 油トレイ回収量
165% 118g 147g 55.5% 130g
147% 127g 120g 48.6% 114g
140% 105g 135g 56.3% 129g

<結 果>
・使用するパン粉によって油吸収量(率)は多少異なるがOCMでどのパン粉も
 約50%脱油できた。
・上記結果からパン粉の違いでのOCMでの脱油に差はないと言える。

中静産業株式会社

本社
〒940- 2127 新潟県長岡市新産2-13-3
TEL.0258-46-6955 / FAX.0258-46-9089
新潟営業所
〒950-0944 新潟県新潟市中央区愛宕3-4-2
TEL.025-284-1810 / FAX.025-284-1301

COPY RIGHT © NAKASHIZUKA SANGYO All Rights Reserved.